平成元年築の木造アパートを購入するか迷っています。家賃の中から上手く返済できるか心配です。平成元年築の木造アパートを購入するか迷っています。 | 京都の不動産・売却のことならセンチュリー21ライフ住宅販売

  • 平成元年築の木造アパートを購入するか迷っています。

    質問

    木造アパートを親戚より購入予定です。平成元年に建てられた、2階建てのアパートになります。
    だいたい、毎年の経費(固定資産税、電気代、補修代、保険代など)は100万円位かかっているようです。
    空室は、多い時で2室の時が半年程あったようです。賃貸管理は、もともと職業が不動産関係の為少ししていますが素人です。
    購入は、今年検討しておりますが、まだ迷いがあります。
    購入資金は、銀行の借り入れを予定しております。銀行からは前向きなお返事はいただいていますが、家賃の中から上手く返済していけるかとても心配です。


     物件概要
     

     ファミリー向け
     家賃:5万4千円 戸数:6戸(現在満室)
     家賃収入:月32万4千円 購入金額:1千700万円(10年ローン)
     


    回答

    部屋のリフォームや外壁メンテナンス費用も考える必要あり

    まずは親戚の方は、どうしてそのアパートを手放すのでしょうか?
    購入するとして、このまま満室が続いたとして、年商が3 8 8・8 万円。1室当たり64・8万円、年間経費100万円、年間返済が約188万円(金利2%)、満室時の手取り額は約100万円ということになりますね。空室は多い時で2室ということですので、2室以上の空きがあると、収支はマイナスになります。
    また、空室になると次の募集のためにリフォームが必要になります。築年数も古いので次の家賃は下がるかもしれません。
    一般的にファミリータイプの物件で水回りを含めてのリフォームになると、100万円以上の出費が必要になります。
    また、平成元年築ということですので、外壁や屋根のメンテナンスはいかがでしょうか?もし購入後数年でメンテナンスが必要であれば、その分の出費も覚悟しておく必要がありそうですね。


PAGE TOP