白石 貴也 | 京都の不動産・売却のことならセンチュリー21ライフ住宅販売

白石 貴也

  • 名前:白石 貴也

  • ふりがな:しらいし たかや

  • 所属:営業部

  • 資格:宅地建物取引士

  • 好きなことば:ありがとう

お客様へのメッセージ

 

「お客様のために」をモットーにしています。

一生のなかで数少ない不動産の取り引きです。お客様はきっと緊張されてご来店くださっていると思います。
まずは私が笑顔でお客様に接することにより、一歩ずつお話しを進めることができればと思っております。

 

現在の仕事内容

 

得意、不得意は持たないように、様々なお客様と対話しています。
新居の購入を希望されているお客様には、生活スタイルや家族構成をお伺いし、家族の未来予想図を想像して物件をご提案するよう心がけています。
またそういったお客様の未来を実現するために、お探しのエリアを散策し、遊休地や空家などを探し、オーナー様を説得し、販売依頼をいただくような活動もしております。

 

この仕事をしていて一番嬉しかったこと

 

私がご提案した物件を購入いただけたことです。
売買営業に転職した私にとって初めての契約でしたので、私自身、大変緊張しておりました。
私の緊張感がお客様に移ってしまわないかと心配しましたが、
お客様には非常に喜んで頂き、信頼のお言葉をいただく事ができました。
そのときのお客様の表情は今も心に焼き付いています。

 

お客様と接するときに心がけていること

 

誠実に。そして謙虚に。
不動産売買は一生に幾度とあるものではありません。
一般的にも馴染みのない用語が多く、取り引きの流れもお客様に応じて変化していきます。
少しでもスムーズにお分かりいただけるよう、資料の作成や言葉の使い方には気をつけています。
まだまだ勉強中の私ですが、ぜひいろいろなことをご質問ください。

 

私の宝物

 

家族。

 

休日の過ごし方

 

家族と過ごすことです。
子どもと過ごすことで私自身、いろいろと学べることがあります。
「子は親を映す鏡」と言いますが、まさにそのとおりで、私の良いところや悪いところをすべて教えてくれます。

 

学生時代

 

アルバイトに奮闘する日々を送っていました。
その際身についた仕事に対する姿勢は今に生きています。

 

入社動機

 

前職は賃貸物件の仲介・管理業務を行っていました。
新居を借りたいというお客様には物件のご紹介や契約の業務、また入居後のアフターフォローを行っていました。
オーナー様には条件や家賃のご提案だけでなく、最新の動向やお客様のニーズをお伝えし、時代にあった物件にしていただくことで、空家部屋をできるだけ作らないように努力していました。
賃貸や管理業務について完璧にマスターしたとは言えませんが、より不動産のことを理解し、成長したいと考え入社しました。

 

仕事における現在の目標

 

もちろんお客様にご迷惑をおかけしないようすることが前提ですが、一件一件の取り引きを通して様々なことを学び、知識だけでなく人としても成長していくことです。
そしてお客様や同僚だけでなく、友人やご近所の方から気軽に相談いただけれる誰からも信頼される営業マンになることです。

 

思い出のお客様

 

不動産の物件には同じものがふたつと無いように、お客様も同じ人はいらっしゃいません。
そういう意味では、お客様ひとりひとりに思い出がたくさんあります。
私にとって思い出のお客様は、今まで出会ったお客様全てです。

白石 貴也が対応させて頂いたお客様の声

PAGE TOP